5–5. Pythonの三項演算子


1. 三項演算子とは?

三項演算子とは、3つの項で構成され、1 行で条件分岐を処理できる演算子です。
三項演算子はif...elseの構文を1行で書くことができます。

通常のif文の書き方は以下のページで解説しています。
▶︎ Python if文による条件分岐の解説


2. 三項演算子の使い方

三項演算子は 以下のように書きます。

  • if の後に条件文
  • ifの前に条件文が真の時の値
  • 条件文の後にelse
  • elseの後に条件文が偽の時の値
真の時の値 if 条件文 else 偽の時の値

3. 三項演算子のサンプルコード

xが5以上で “Good”、5未満で”Not Good”を変数に代入する例を記載します。

x = 10
text = 'Good' if x >= 5 else 'Not Good'

print(text)
>> Good

4. Python公式ドキュメント


このエントリーをはてなブックマークに追加